プレミアリーグ・未成年ドーピング事件

プレミアリーグに選手登録していた16歳(違反時15歳)の選手が、ドーピング違反で9か月の資格停止処分を科されました

2018年に16歳の女子テニス選手がドーピング違反になった際には実名で報道されましたが、今回のプレミアリーグの事案は、完全に匿名で、クラブ名まで匿名になっています。決定書が読みづらかったです。

《概要》

今回違反に問われた選手をX選手とします。

X選手が親元を離れて、クラブと契約したホストファミリー宅から学校やクラブの練習等に参加することとなっていたようです。

続きを読む プレミアリーグ・未成年ドーピング事件