Lawson Case : CAS 2019/A/6313

以前にざっとまとめた、陸上のローソン選手のドーピング違反に関するスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定が公開されていました。

この裁定の内容について、賛否両論あるるようなので、CASの裁定書を読んでみました。

《概要》

2018年 4.11 ドーピング検査→陰性
5.20 セイコーゴールデングランプリ(大阪)に出場
(ドーピング検査→陰性)
6.2 米国アーカンソー州スプリングデールにて、競技会外検査実施
6.14 上記競技会外検査で採取したA検体からEpitrenbolone検出
6.21 USATFナショナルチャンピオンシップ(米国)に出場
7.13 ラバト(モロッコ)にて大会出場
7.17 ソットヴィル・レ・ルーアン(仏)にて大会出場
7.22 ロンドン(英国)にて大会出場
8.3 国際陸上連盟のAthletic Integrity Unit(AIU)が選手に陽性通知
    →暫定的資格停止
続きを読む Lawson Case : CAS 2019/A/6313

昇降格ルールの変更とCovid-19 -ベルギー編-

英国、フランスに続いて、ベルギーのプロサッカーリーグでもコロナと昇降格ルールの変更が問題となっています。

ベルギーの国内リーグは、1st Divison A(16チーム)−1st Division B(8チーム)− National Division(セミプロ16チーム)から成るようです。

昇降格ルールは、1Aから1B降格は最下位の1チーム、1Bから1Aの昇格とはトップ1チーム、1BからNDへの降格は下位3チームです。

今回、ベルギーのプロサッカーリーグは、かなり迷走したようです。

続きを読む 昇降格ルールの変更とCovid-19 -ベルギー編-

キプサング選手/ドーピング事件:SR/009/2020

ロンドンオリンピック・マラソン銅メダルで、元世界記録保持者のウィルソン・キプサング選手(ケニア)が、ドーピング違反で4年間の資格停止となりました。この処分は、World Athleticsにおける処分ですので、英国のSports Resolutionが担当しています。

この判断に対してCAS(スポーツ仲裁裁判所)に上訴することが可能です。

キプサング選手は、警官らしいのですが、この4月に夜間外出禁止令に違反して、仲間と飲酒して逮捕されているようです

この事案、ドーピング検査で禁止薬物が出たのではなく、居場所情報関連義務違反及びドーピングコントロールの不当な改変という違反です。後者の違反は、先日、大きなニュースになった中国のプールのスパースター孫楊選手と同じ違反です。

アンチ・ドーピング機構側の違反立証及びアスリート側の反証ともに、客観的な証拠と証人の信用性が重要になります。

コロナの影響か、証人尋問はビデオ会議方式で実施されたようです。

続きを読む キプサング選手/ドーピング事件:SR/009/2020

Enola Holmes vs Sherlock Holmes

サー・アーサー・コナンドイルのシャーロック・ホームズの小説の著作権は、日本では保護期間が切れてパブリックドメインになっているようです。ただし和訳版は残っていると思いますので、注意してください。

日本と保護期間が異なるアメリカでは、事情が違うようです。

1887年から1927年に創作された60作品のうち50作品は著作権の保護期間が切れているようですが、第一次世界大戦後に創作された10作品は2018〜2022年まで残っているようです。

アメリカの小説家Nancy Springer氏は、2006〜2010年の間に、シャーロック・ホームズの妹エノーラ・ホームズを主人公にした「エノーラ・ホームズの事件簿」シリーズ6作品を創作しました。

続きを読む Enola Holmes vs Sherlock Holmes

馬ドーピング事件:CAS 2020/A/6853

馬ドーピングといえば、2006年の凱旋門賞に出走したディープインパクトが3着に入るも、禁止薬物使用で失格となった事案が思い出されます。

WADA規程でも動物を使った競技について、動物のドーピングが想定されていますが、禁止物質等を含め国際競技連盟(IF)がWADA規程に沿ってルールを定めることとされています。

事案の概要

国際馬術連盟(FEI)に登録している障害馬術(jumping)のプロライダーS選手(スイス)は、”SAURA DE FONDCOMBE“号とともに、2017年10月にモロッコで開催された大会に参加して優勝し、ドーピング検査を受けました。

馬の血液検体が採取され、分析した結果、オピオイド系鎮痛薬で 続きを読む 馬ドーピング事件:CAS 2020/A/6853