昇格ルールの変更とCovid-19 −フランス編-

フランスでも、サッカーのプロリーグがシーズン途中で終了したことを契機とする昇降格の問題が発生していました。また、同じタイミングで、サッカーのアマチュア選手権が打ち切りとなったことについて問題が発生していました。
これらの事案は、日本とフランスの弁護士の金塚彩乃先生がブログで紹介されていました。

フランスでは、2020年3月24日に緊急事態宣言が出され、7月10日まで延長されているようです。8月31日までは5000人を超えるイベントが禁止されているようです。首相が2019/2020シーズンのプロスポーツは開催できないと発言し、スポーツ省も非公開を含め8月まではスポーツ競技は実施しないと言及していました。

2020年3月13日の時点でサッカーはすべて中断していましたが、上記の状況を受けて、フランスサッカー協会(FFF)は、2020年4 続きを読む 昇格ルールの変更とCovid-19 −フランス編-

昇降格ルールの変更とCovid-19 -英国編-

Covid-19パンデミックの影響により中断していたプレミアリーグが再開し、リバプールFCが悲願の優勝を遂げた英国サッカーですが、下部のリーグでは法的な問題が発生していました。

英国サッカーは、英国サッカー協会”The Football Association”(The FA)の下に、プレミアリーグを頂点とする7階層で構成され、各階層間は昇降格システムが採用されています。”National League System”(NSL)と言われています。

The FAのCouncil(評議会)は、2020年4月9日に、「NSLの3〜7の階層について直ちにシーズンを終了し、今シーズンの階層間の昇降格要件を削除し、かつすべての結果を抹消する」旨決定しました。

続きを読む 昇降格ルールの変更とCovid-19 -英国編-

Player’s ContractとCovid-19

ポーランドの元プロバスケットの選手で、現スポーツロイヤーのHubert Radke弁護士が紹介していたBasket Arbitral Tribunalの仲裁事案が、コロナ絡みで興味深かったので、仲裁判断を入手して読んでみました。

ポーランドのプロバスケットボールリーグ(Polska Liga Koszykówki)”Energa Basket Liga”での出来事。

【事実経緯】

2019.7.29

G選手は、BM Slam Stal S.A.というクラブと2019/2020年シーズンの契約を締結しました。

《主な契約条件》

契約期間は、署名した日から最後の公式戦後3日後まで。
ただし、クラブは、選手の着任後3日以内にメディカル/フィジカルテストを行い、選手がこのテストにパスした時に契約が有効となる。
続きを読む Player’s ContractとCovid-19