「プール」カテゴリーアーカイブ

プールスイマー(ペルー)ドーピング事案:FINA2020.8.19

ロンドン五輪のペルー代表だったペルーの水泳選手のドーピング事案です。これが2度目の違反となります。

最初の違反は、2016年です。
2015年のパンアメリカ大会で実施されたドーピング検査で検体からS1のスタノゾロール(アナボリックステイロド)が検出され、4年の資格停止が課されています(CASに上訴するも棄却)。
最初の資格停止期間の4年は、2019年7月11日に終了しています。

ペルー水泳協会は、この選手を2019年7月26日〜8月11日にペルーで開催されたパンアメリカ大会のペルー代表として選出していますが、次のとおりすぐにドーピング違反が発覚しました。

2019年6月30日 競技会外検査(検体1)
2019年7月7日 競技会外検査(検体2)
2019年7月12日 競技会検査(検体3)

2019年7月31日にFINAはこの選手に対して検体1および検体2の 続きを読む プールスイマー(ペルー)ドーピング事案:FINA2020.8.19

孫楊ドーピング違反事件 CAS 2019/A/6148

ロンドンオリンピックで金2銀1銅1、リオオリンピックで金1銀1、世界水泳で金たくさんとっている中国のプールのスーパースター孫楊選手が、血液サンプルを破壊してドーピング違反となり、8年の資格停止処分となったと報道がありました。また、CASで初めて公開ヒアリングが行われ、中→英の通訳のミスがひどいなどでも話題となりました。

その孫楊ケースのCAS裁定が公開されたので早速読んでみました。長いので細かな争点は省いています。

事案の概要

主な登場人物・団体は基本的に略語になっているで、それを整理します。

FINA:国際水泳連盟。今回のドーピング検査の主体。
続きを読む 孫楊ドーピング違反事件 CAS 2019/A/6148