「不正競争防止法」カテゴリーアーカイブ

「マリカー」判決

マリオカートは、スーファミ、DS、Wiiでやってきましたが、マリカーと呼んだことはないので、果たして「マリカー」の周知性が認定されるのだろうかと思っていましたが、認定されましたね。

この事件は、いろいろな争点があってとても興味深いのですが、もっとも興味をもった点は、①任天堂が使用していない略称が周知表示と認められたこと、②著作権の判断、です。

①略称の周知表示認定について

今回の判決で、任天堂は、「マリカー」について不正競争防止法
2条1項1号・2号の不正競争行為に該当すると主張し、裁判所は1号を認定していますので、「マリカー」は著名とまでの認定 続きを読む 「マリカー」判決