「エンタテインメント法」カテゴリーアーカイブ

Call of Duty vs Humvee

Call of Duty(CoD)は、一人称視点のシューティングゲーム(FPS)です。最近は、オンラインマルチ化していますが、キャンペーンモードでシナリオを進めて行くのが面白いです。

CoD4″Modern Warfare”が一番好きです。チェルノブイリの事故でゴーストタウン化したウクライナ・プリピチャ市のあの遊園地で戦ったり・・・いろんなシリーズをやりましたが、現代戦・二次大戦をテーマにしたものが好きです。未来戦はもう兵器がよく分かりません。

現代戦や二次大戦のキャンペーンモードは史実を織り交ぜたシナ 続きを読む Call of Duty vs Humvee

米Tattoo著作権訴訟とLandmark Decision

以前に紹介したTattoo事案のうちNBA2Kの訴訟でタトゥーの著作権に関する裁判所(ニューヨーク南部地区の連邦裁判所)の判断が出ました。おそらくタトゥーに関して法的な判断は初めてではないでしょうか。

事案のおさらい

被告となっているTake Twoとその子会社2K Gamesは、NBA2kというNBAを再現したビデオゲームを開発し販売しています。

リアルに再現しているので、選手の身体に彫ってあるタトゥーも再現されています。

続きを読む 米Tattoo著作権訴訟とLandmark Decision

KATY PERRY “DARK HORSE”逆転勝訴

以前に取りあげたKaty Perryの著作権侵害訴訟ですが、2019年7月に、ロスの連邦地方裁判所の民事陪審で著作権侵害及び損害賠償$2.87Mという評決が下されました。

陪審員の評決後にもJudgment as a Matter of Lawの動議を出せるようで、2020年3月16日、裁判所は、トライアルに提出された証拠から、陪審の評決を取り消すという結論を出しました。
Katy Perry側の逆転勝訴ということになります。

事案をおさらいしますと、次のような感じです。

続きを読む KATY PERRY “DARK HORSE”逆転勝訴

LED ZEPPELIN “Stairway to Heaven” 勝訴

“Stairway to Heaven”(天国への階段)のイントロは、もう手ぐせになっているので、ギターを持つとウォーミングアップがわりに無意識に弾いてしまいます。

その著名なイントロ部分が盗作だと指摘され、長年著作権侵害訴訟が続いていました。

訴えたのは、”Taurus”という曲を作曲したSpirtというバンドのRandy California(Randy Wolf)の遺産管理人です。Randy Californiaさんは1997年に亡くなっています。

続きを読む LED ZEPPELIN “Stairway to Heaven” 勝訴

象のHappyさんと基本的象権

Nonhuman Rights Project(NhRP)という、人と同様、動物に基本的権利を与える活動をしている団体があります。動物園にいる動物に自由になる権利を主張し、解放する活動を行っているようです。

ニューヨーク・ブロンクスの動物園にいる齢48歳になる象のHappyさんは、過去に、人間と同様、鑑に写った自分を認識できることを示した象さんで、この研究はサイエンス誌に掲載されたようです。

NhRPは、Happyさんを代理して、違法な投獄から解放するため、人身保護に基づき、ブロンクスの動物園からテネシー州やカリフ 続きを読む 象のHappyさんと基本的象権

Graffiti 2 – VARAと落書きと破壊 –

他人の所有物に無断で落書きをすることは、器物損壊や建造物損壊など刑事罰が科される違法行為です。それが例えBanksyであっても、結論は同じです。

このあたりは、以前の投稿”GRAFFITI – 落書き著作権-“でまとめたところです。その中で、NYの5Pointzの事案に触れましたが、控訴審2nd Cir.の判断が出ましたので、その内容を読んでみました。

概 要

そもそもの始まりは、2002年、廃倉庫の所有者が、有名なスプレーアーティストJonathan Cohen(アーティスト名:Meres One)氏に 続きを読む Graffiti 2 – VARAと落書きと破壊 –

株式会社Aerosmith

「いらっしゃいませ」が「エアロスミス」に聞こえる経堂駅前のコンビニの店員でおなじみのAerosmith。

50年ものキャリアがあるのに、メンバーの入れ替わりが少ないバンドです。

今年は、MusiCares Person of the Yearを受賞しその授賞式およびグラミー賞でも演奏しました。しかし、そこには、創設メンバーのJoey Kramer(Dr.)の姿はありませんでした。

Aerosmithの日本公演はだいたい行っていますが、お腹にずしんと響く彼のバスドラの音は印象に残っています。

さて、不在の理由を調べていると、Joey Kramerが他のメンバーを相手に訴訟を提起していたことが判明しました。

続きを読む 株式会社Aerosmith

Radiohead “Creep”と盗作の連鎖?

ようやくゴーストノートの入れ方のコツをつかみました。その動画を探している中で、既に解決しているようですが、興味深い事案を見つけました。

問題となったのはLana Del Rayの“Get Free“(2017)です。この曲の序盤部分とプリコーラス部分。

問題を提起したのは、Radioheadです。
“Get Free”は、彼らの楽曲”Creep“(1992)を利用しているとして、”Get Free”のロイヤリティ収入の分配を求めたようです(訴訟には至っていない模様)。

続きを読む Radiohead “Creep”と盗作の連鎖?

Taylor Swiftの”Shake It Off”と盗作疑惑

ヒット作品には盗作訴訟がつきものです。

Taylor Swiftの”Shake It Off“(2014)もその例外ではありませんでした。問題とされたのは、サビの部分の次の一節。

“Cause the players gonna play, play, play, play, play
  And the haters gonna hate, hate, hate, hate, hate.”

異議を述べたのは、3LWの”Playas Gon’ Play“(2001)に詞を提供した2人のソングライター。この曲の中の次の一節が盗作されたのだと。

“Playas, they gonna play, and haters, they gonna hate.”

短い歌詞の一節の盗用が問題となりました。意味的には「プレイ 続きを読む Taylor Swiftの”Shake It Off”と盗作疑惑

シャロン・ストーン・・・ド

シュワちゃんの”トータルリコール”や”氷の微笑”で一世を風靡した女優”Sharon Stone”(シャロン・ストーン)が、女性ラッパーChannel West Coastをパブリシティ権侵害等で訴えています。

問題となったのは、Channel West Coastが、2019年4月にリリースした楽曲”Sharon Stoned“とそのPV。

タイトルから”Sharon Stone”の氏名を使っていて、曲中”Sharon Stone”を33回、”Sharon”を99回使用し、それが楽曲の約1/4を占めています。

PVでは、Channel West Coastが”氷の微笑”のシャロン・ストーン 続きを読む シャロン・ストーン・・・ド