望月 浩一郎

業務分野

スポーツ法スポーツ法   エンターテインメント労働法   エンターテインメント医療事故   エンターテインメント一般民事

市民の権利を守る仕事をする一方で、命と健康を守る仕事をライフワークとして取り組んでいます。

詳しくは、個人のHPをご覧ください(下記バナーをクリック)。


望月浩一郎個人サイト
略歴
1956 山梨県生まれ
1975 山梨県立甲府南高校卒業
1979 京都大学法学部卒業
1984〜 弁護士登録(東京弁護士会)
 
活動履歴

日本スポーツ法学会 会長
公益財団法人日本体育協会:ジュニアスポーツ法律アドバイザー
国民体育大会委員会実施競技見直しワーキンググループ委員
スポーツ少年団 常任委員
公益財団法人日本学生野球協会 審査室委員
公益財団法人日本バスケットボール協会 裁定委員
    【著書】
  • 「スポーツ法学入門」
    共著,体育施設出版,1995
  • 「ジュニアスポーツと安全」
    共著,日本体育協会日本スポーツ少年団,1999
  • 「スポーツの法律相談」
    共著,青林書院,2000
  • 「水泳コーチ教本」
    共著,日本水泳連盟,2005
  • 「水泳プールでの重大事故を防ぐ」
    共著,日本水泳連盟,2007
  • 「スポーツ医学実践ナビ-スポーツ外傷・障害の予防とその対応」
    共著,日本医事新報社 ,2009
  • 「スポーツのリスクマネジメント」
    共著,ぎょうせい,2007
  • 「詳解スポーツ基本法」
    共著,成文堂,2010
  • 「スポーツにおける真の勝利ー暴力に頼らない指導」
    共著,エイデル研究所,2013
  • 「スポーツガバナンス 実践ガイドブック」
    共著,民事法研究会,2014

  • 【論文】
  • 「飛び込み事故とプールの設置管理の瑕疵」
    ジュリスト1013号,1992
  • 「スポーツ障害・事故の法律側面の現状と課題」
    日本スポーツ法学会年報,1995
  • 「プールにおけるスタート事故の原因と対策」
    季刊教育法135号,2002
  • 「ドーピング規制の現状と課題」
    アジアスポーツ法学会,2005
  • 「公園でのキャッチボール中のボールが胸部に当たった心臓しんとう震盪死事故判決-仙台地判H17.2.17」
    日本スポーツ法学会年報,2006
  • 「日本の障害者スポーツと法をめぐる現状と課題」
    身体教育医学研究,2007
  • 「スポーツ事故の現状と対策」
    日本スポーツ法学会,2008
  • 「日本の競技団体のドーピングコントロール規程の現状と課題」
    共著,日本スポーツ法学会年報,2009
  • 「小規模スポーツ団体におけるガバナンスの現状と展望」
    共著,日本スポーツ法学会年報,2010
  • 「ドーピング検査におけるアスリートの権利保護のあり方- JSAA-DP-2012-001号事件を通じて」
    共著,日本スポーツ法学会年報,2012
小林七郎
望月浩一郎
大森秀昭
鈴木一
大橋卓生
村上弓恵