悪質タックル in the U.S.A.


弁護士多賀啓ことヒロムンがまとめた事案と、似たような事案がアメリカでも起こっていました。

参照映像

高校生のアメフトの試合で起こった事案ですが、なんとレフリーに後ろからタックルをして倒し、その上に他の選手が覆い被さるという・・・。

アシスタントコーチ(黒人)が生徒に指示をしてやらせたと言われていました。

アシスタントコーチは弁護士を通じて、声明を出し、この行為の前に審判が差別発言をした聴いた選手がいるが、指示をしていないと主張していたようです。

しかしながら、他のコーチからは、当該アシスタントコーチが他のコーチから生徒に指示してやらせた、と聴いたなどと相反する証言が出てきました。

結局、当該アシスタントコーチは辞任したようです。

何か日大の事案に似ている感じがします。

ちなみに、この後、当該アシスタントコーチは、暴行罪で有罪とされ、1500USドル(約16万6000円)の罰金、保護観察18か月、120時間の社会奉仕活動及び被害者への損害賠償が命じられています。加えて、テキサス州での教員免許も剥奪されたようです。

同高校が所属するリーグは、当該アシスタントコーチに対し、残りのシーズンの出場停止及び以降3年間の資格停止が課したようです。

タックルをした2選手は、オルタナティブスクールに移され、1年くらい試合に出場できなかったようです。

弁護士 大橋卓生